防災情報

防災メールマガジン
全国避難所ガイド

いざという時に

緊急時の連絡先
安否確認 災害伝言ダイヤル
まちの避難所マップ
洪水ハザードマップ
火山防災マップ
土砂災害ハザードマップ
洪水タイムライン
 

もしもの時の心得

災害への日頃からの備え 災害時の行動 防災に関する情報
 

携帯サイト

携帯サイトは下の二次元バーコードから

携帯サイト 二次元バーコード
 
 
ホーム新着情報一覧平成30年7月豪雨災害被災地への復旧応援職員派遣について
音声で読み上げる

平成30年7月豪雨災害被災地への復旧応援職員派遣について

2018/07/31 発行
 7月22日、平成30年7月豪雨災害被災地への復旧応援職員派遣出発式を行いました。
 本市では、中核市の災害相互応援協定に基づき、平成30年7月豪雨で被害を受けた岡山県倉敷市に復旧応援職員を派遣することになりました。第1~8班の各2人態勢で8月31日まで、計16人の職員を派遣し、避難所の運営、災害ごみの撤去、ボランティアの支援などの活動を行います。
 第1班として出発した危機管理室の吾妻義尚さんと情報政策課の坂本雅幸さんは「東日本大震災の経験を生かし、その恩返しができるよう頑張ってまいります」と決意を述べました。市長からは「本市は東日本大震災の際に全国から温かいご支援をいただきました。その感謝を忘れず、市の代表として被災地の皆さんの気持ちに寄り添った支援を行ってきてください」と激励の言葉がありました。
 また、7月26日には、厚生労働省からの派遣要請に基づいた県健康支援チームとして、保健所健康推進課の鈴木久美さんと福田茉美さんの保健師2人も倉敷市に向かい、被災地の1日も早い復旧復興を支援しています。

---------------------------
福島市市民安全部
危機管理室
024-525-3793
---------------------------